secondstep’s diary

人生をもがくおっさんのブログ

クラッチオーバーホール開始 その3  (意外な伏兵)

鬼門だった ビスも外れて

後半戦のスタートです

 

無くしたベアリングも発注済み

 

なんか エンジンバラすたびに何か一つ部品をなくしてる気がします

(´・ω・`)

 

後半戦の山場なのにとっても地味な作業のガスケット剥がしです

地道な作業は苦手なんだよね

思うように進まず

キーってなってしまって ガリって母材を傷つけてしまいそうで怖い

 

あああ なるほど

ガスケット剥がしするには 

f:id:secondstep:20220127085037j:plain

このお花マークみたいな歯車も取らないといけないのね

外れ止めのリングが付いていますが

工具持ってないので 強引にマイナスドライバーで外します

 

削りカスがエンジン内部に落ちて残らないように

注意をしながらの作業です

 

全体の1/2くらいは せめて 1/3くらいは

キレイにしたいなって思うけれど

全体に残っているガスケットを見つつ ため息が出ます

 

車体に乗せたままのエンジンなので

作業性も良いとは言えず  さらにため息ですが

このまま放置も出来ず 作業開始です

せめて役に立てばと 一度 剥離剤を塗って

30分ほど放置してみます

 

んで 作業開始 

剥離剤を塗ったガスケットはチョッピリ柔らかいような気もします

 

カッターで作業したり

カッターの刃を折って使ったり

プラスチックスクレイパーを使ってみたり

120円スクレイパーを使ってみたりと

色々方法を試してみます

 

やっぱりスクレイパーが一番でした

僕のは格安120円のカミソリ刃タイプでしたが

番役に立ちました

前回から使って 細かい刃こぼれしていたので

替え刃に交換して切れ味復活 思いのほかきれいに削り取れました

買っといてよかった~( ´∀` )

 

順風満帆なガスケット剥がしにも意外な伏兵が潜んでいました

それはノックピン

f:id:secondstep:20220128075852j:plain 

部品の合わせ面がズレないように固定する部品となりますが

2個ついてて 一つが全く外れません

最悪ジャンクエンジンからパーツ取りすればいいと思い

傷や曲がりを気にせず 強引に引っ張りますが

全く抜けないのよね~ (´;ω;`)

 

ノックピンが抜けないと

その周りのガスケットも剥がせないし・・・

 

慌てて グーグル先生に聞いてみると

フムフム そのような方法があるのねってことで

試してみますが イマイチ・・・

 

あああ これってどうすればいいんだろう??

 

ノックピンは 本体側に残ってて

最悪 部品交換って訳にもいかないし

泣きながら CRC吹き付けて

その部分は残して とりあえずガスケット剝がしの続行

 

10分ほどして再度 同じ方法でノックピンチャレンジすると

なんとか抜き取ることが出来ました

良かった

 

f:id:secondstep:20220128075844j:plain

 

やってみるとあっという間に90分ほど

案外あっという間でした

気分転換になったノックピンはずしが良かったのかな??

ここで 本日の作業は完了  

次回はほんのり残ったガスケットを軽くオイルストーンで磨くことからです

 

今回の結論 

切れ味鋭い スクレイパーがやっぱり一番です

大工道具のノミみたいなのが一番(刃の厚みが厚いタイプってことね)

よさげな気がします

それも 細身と少し幅広の二本セットが最強コンビ

全部をキレイに剥がさなくてもいいので

少し残るくらいで大まかな剥ぎ取りをして

CRCでふやかして プラスチックスクレイパーで

こすり落とすって手法が一番早かった気がします

 

おまけ

数カ所 スラッジ汚れ(ヘドロみたいな汚れ)がありましたので

パーツクリーナーで洗っておきました